王様と郷

尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なく済みます。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットのある依頼になります。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は逆上してしまう場合があるのです。

普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと自分を見失ってしまうケースが多数確認されています。

無事に解決するためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。

探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることがありえます。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。

また、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠を掴みきれません。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。

携帯電話は浮気相手との連絡手段としてごく自然に使われるからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

何気なく電話していることも否定できないのです。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚をしないという選択肢もあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

カーナビから履歴を確かめ、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられます。

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けなければいけません。

そして、何度ももしガソリンを入れていたら、車を用いてデートされている可能性があるかもしれません。

浮気の裏付けがSNSで明るみになることもあります。

SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が珍しい事ではありません。

時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあるのです。

アカウントを認識しているのなら調べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です